東新化成株式会社
  |    ホーム       会社概要    |    会社沿革      業務案内     |   商品案内    |    お問い合わせ |
商品案内

 合成シリカアルミナ吸着剤 「ニッカゲルS」  

活性白土の吸着作用は、粘土鉱物の構造に基づく表面の特性、化学的特性により、油脂類の着色物質及び溶存物質を除去し、油脂精製工程に不可欠です。
しかし、油脂製品の精製度の向上、特殊な油脂類の精製などに対しては、活性白土処理に加えて、新たな工程を必要とすることがあります。

ニッカゲルSは、特殊珪酸アルミニウムゲル構造に基づく、「活性白土に近い化学吸着性」、「活性白土にはみられない物理吸着性」を備えており、活性白土と混用、又は併用することにより、高度の精製度を期待し得る吸着剤です。

  ニッカゲルSの諸特性  

  1. 一般性状
   白色微粉末 200メッシュ通過率80%以上
   pH7〜8
   付着水分5%以下

  2. 化学組成(%)
   SiO2 75.7 Al2O3 12.8 Fe2O3 0.6 Na2O 3.9 灼熱減量 6.9 計99.9

  3. 物理特性
    比表面積 220 u/g
    気孔容量 0.40 ml/g
    見かけ比重 0.37 g/ml

  ニッカゲルSの応用  

ニッカゲルSは、油脂中の微量の有機酸、タンパク質、ステロイドの除去に最も効果的です。

蛋白質、ステロイドなど高分子の不鹸化物の存在は、油脂の品質に微妙な影響を与えます。
油脂の原料、精製履歴によっては、通常の精製工程のみでは精製油のにごりの発生、経日劣化などを引き起こし、品質を著しく損なうことがあります。

ニッカゲルSは、活性白土と同様な吸着操作により、このような問題を解決いたします。

ニッカゲルSの利用例

油剤: ヒマシ油材
吸着剤処理: 110℃×20分
ヒマシ油のステリンに基く白濁の除去

吸着剤使用率 白濁発生
活性白土 ニッカゲルS 精製直後 30日後
5% 0
4% 0 ++
3% 0 +++
2% 0 ++ +++
2% 0.1%
2% 0.2%
2% 0.4%


  ニッカゲルSの使用    
  
活性白土との混合、併用は、従来の活性白土処理と同じ工程で使用いたします。

  混合の場合: 活性白土と同時に添加し、

           通常の白土処理工程を行います。


  併用の場合: 活性白土処理後の使用が有効です。
           この際、活性白土は濾過せずにニッカゲルSを
           添加して差し支えありません。

  ニッカゲルSの混用、併用は、濾過工程などに影響を与えません。

  包  装  

包装形態 容 量
防湿紙入り紙袋  10kg詰

  保  管  

貯蔵中の変質はございませんが、開封後は吸湿を防ぐよう保管願います。



活性白土関連商品

活性白土   酸性白土・・・石油、油脂その他有機溶剤の精製

ニッカペレットKZ ・・・ ゼオライト系吸湿剤 気体・液体・加圧液化ガスの乾燥

ニッカペレットOK ・・・シリカアルミナ系調湿剤

ニッカゲルM ・・・シリカマグネシア系脱色脱酸用・吸着分離用合成ゲル

ニッカゲルS ・・・シリカアルミナ系脱色脱酸合成ゲル

ニッカゲルL ・・・有機粘土 親油性粘土 増粘剤 沈降防止剤 溶剤添加剤

フロナイト ・・・シリカアルミナ系排水処理剤 

ハウスキープ ・・・家屋用調湿剤


  | サイトの利用条件 |  個人情報保護について |
   東新化成株式会社
Copyright© Toshin Chemicals Co.,Ltd. All Rights Reserved.