東新化成株式会社
  |    ホーム       会社概要    |    会社沿革      業務案内     |   商品案内    |    お問い合わせ    |
商品案内

 親油性粘土 「ニッカゲルL」  

ニッカゲルL」は、工業的に利用し得る親油・疎水性粘土で、
有機液体中でゲル化した上で、増粘作用・濃稠化作用を果たします。

これらの作用は、時間的にも、温度変化に対しても安定しています。
各種有機物との混合添加により、新製品の製造や従来品の品質改良が期待し得ます。

この商品(日本活性白土株式会社製)は、長年にわたる活性白土の生産と
その基礎研究成果の一端として、適切な粘土鉱物(主としてモンモリロナイト)と
有機塩基の結合により開発に成功した有機粘土です。


粘土鉱物と有機化合物との結合は、既に1930年頃より、 J.E.Gieseking, D.M .C.MacEwan,
W.F.Bradley, S.B.Hendricks,などにより認められ、有機化合物が粘土鉱物の層格子間に化学親和力により保持され、層間距離を増大させることが確かめられております。

  ニッカゲルLの用途  

ニッカゲル L の代表的な応用例を列挙いたしますが、
この他にも画期的な用途が開けるものと期待しております。

  1. 金属加工油の研磨剤分散

    粘性・チキソ性を与え、効率よく研磨剤を分散させることができます。

  2. グリース
    各種潤滑油等との混合により、耐熱性のある潤滑グリースが製造可能です。

  3. ワックス
    ニッカゲルLの混合により、強度・硬度を増加し、軟化温度を上昇させることができます

  4. アスファルト、タール類
    建築用あるいは塗装用に用いる場合、強度・硬度・軟化点を上昇させ、
      用途を広めることが出来ます。

  5. 塗料
     使用顔料の沈降分離を防止し、粘性・流動性を、添加量により任意に
      調節することが出来ます。

  6. 印刷インク
     物理性状の改善、調節が可能となります。

  ニッカゲルLの一般性状  

   白色微粉末

   見掛比重 0.6

   中性

   水分 2%以下

  ニッカゲルLの応用  

ニッカゲルLは、従来の研究結果から、粘土鉱物及び有機塩基の組み合わせにより、
特性の異なるものが製造可能です。

使用目的により最適の品種をご利用いただきたく存じますが、
参考までに、代表的な品種である ニッカゲルL-540 の応用例および、
その特性を以下に記します。

 a)  塗料への応用例
   調合下塗白に ニッカゲル L−540 を添加した時の効果は以下の通りであります。

 1) 粘度はストーマー型粘度計による KU(25℃)で表す。

添加剤  /  添加量 0.10% 0.20% 0.30% 0.40%
ニッカゲルL-540 95 105 114 125
レシチン 90 91 93 94
アルミニウムステアレート 98 108 108 102


 2) 顔料沈降防止作用
    塗料試料 100gにターペン 10gを加え、顔料の沈降状況を調べる。 
   添加剤の添加量は 0.2%である。数値は顔料部分の容積である。

添加剤  /  経過日数 10日 20日 50日 120日 評価
ニッカゲルL-540 98.5 87.0 70.0 63.0 A
レシチン 95.0 83.0 69.0 64.0 D
アルミニウムステアレート 94.5 89.0 77.5 65.0 C

   評価は沈澱顔料の固さを示す。
   ガラス棒を重力のみで静かに入れた場合、
                     A : 沈澱がやわらかく、ガラス棒が底まで入る
                     B : 沈殿の約2/3まで、ガラス棒が入る。 
                     C : 沈澱の約1/3まで、ガラス棒が入る。
                     D : 沈澱中にガラス棒が入らない。

 b)  有機溶剤に対する特性
   各溶剤 25cc中に ニッカゲルL-540 を 0.5g 加え、
        24時間後のニッカゲルL−540 のゲル体積を % で示す。 

有機溶剤 24時間後のゲル体積
ベンゼン 50.0 %
n−ヘキサン 30.0 %
灯油 42.0 %
石油エーテル 34.0 %
流動パラフィン※ 52.0 %
灯油+エタノール 88.0 %

 ※ 80℃ 過湿、他は常温

    これらの液体に対してチキソトロピックな性質を示す。

   ・エステル系、グリコール系溶剤の増粘には適しておりません。

  あとがき  

以上、ニッカゲルL の性状・特性の代表的名な概要を説明申し上げましたが、
使用目的に応じ更に研究を重ねております。 
有機性コロイド系への ニッカゲル L の御利用につきましては、
御使用の目的・方法、或いは必要な特性など御一報頂ければ、
検討のうえ出来るだけ最適な品種を御使用頂けますよう手配したいと存じます。

ニッカゲルL 有機粘土 親油性粘土 増粘剤 沈降防止剤 溶剤添加剤

ニッカゲルL 印刷用PDFカタログ


取扱い品目  
活性白土酸性白土 ・・・石油、油脂その他有機溶剤の精製
ニッカペレットKZ  ・・・ゼオライト系吸湿剤 気体・液体・加圧液化ガスの乾燥
ニッカペレットOK ・・・シリカアルミナ系調湿剤
ニッカゲルM ・・・シリカマグネシア系脱色脱酸用・吸着分離用合成ゲル
ニッカゲルS ・・・シリカアルミナ系脱色脱酸合成ゲル
ニッカゲルL ・・・有機粘土 親油性粘土 増粘剤 沈降防止剤 溶剤添加剤
フロナイト ・・・シリカアルミナ系排水処理剤
 
ハウスキープ・・・家屋用調湿剤


  | サイトの利用条件 |  個人情報保護について |
   東新化成株式会社
Copyright© Toshin Chemicals Co.,Ltd. All Rights Reserved.